TAGS:
CATEGORY:
公開日:2021/03/04
最終更新日:2021/03/04

RENOVA(レノーヴァ)でEDを根本から改善する新しい治療へ

投稿日:

RENOVA(レノーヴァ)でEDを根本から改善する新しい治療へ

近年、ED(勃起不全)の治療は多岐にわたり、それぞれ大きな効果をもたらしてきました。
しかし、従来の治療方法は長期間にわたるものが多く、薬物療法などによるアレルギーや、持病による副作用で日常生活に影響を及ぼすもの、あるいはあまり効果が実感できないなどの問題もあります。
そこで、新たな治療方法として注目されているのが「RENOVA(レノーヴァ)」です。
RENOVAは体への負担が少なく、短期間かつ少ない回数で効率的に治療ができ、既にクリニックや病院等でも導入が始まっています。
今回は、新しいEDの治療方法であるRENOVAについて、ご紹介いたします。

RENOVAとは?

RENOVAは、イスラエルのダイレックス社が結石粉砕に活用していた衝撃波治療によって、ED治療を大きく改善出来るという臨床的結果を得て、ED治療専用医療装置として数年前に開発しました。
結石粉砕に用いられる衝撃波は、主に医療現場で使われており低出力ですので、人体に影響はありません。EDに用いられる衝撃波は、それよりも低い衝撃波が用いられています。
RENOVAは、今までにない新しいEDの治療法として注目されています。

RENOVAの治療法とは

それでは、RENOVAの治療法とは、どのようなものなのでしょうか。
通常、性的な興奮が神経を通してペニスに伝わると、ペニスにある陰茎海綿体が血液を吸って、大きく膨らみ、陰茎が勃起状態になります。
しかしEDは、陰茎海綿体に十分な血液量が送られない事で大きく膨らまなくなり、勃起状態を維持できなくなります。ひどくなると勃起が出来なくなる事もあります。
RENOVAの治療法は、まず陰茎幹と陰茎脚にジェルを塗布し、RENOVAから衝撃波の出るアプリケーターを軽く当てます。その後、低衝撃波をペニスに対して、1分間に600発の周波数で照射を行います。低衝撃波が加わったペニスでは、血管が震動して、新しい血管を作るための因子が放出されます。そしてその因子の「血管の無い箇所に新しく血管を作る」「既に存在している血管を枝分かれさせて血管面積を広げる」働きによって、陰茎内部では新しい血管が作られていきます。
これを週に1回、計4回行うことによって、次第に性的興奮時に大量に流れ込んだ血液が治療前より大きく膨らむようになり、十分な勃起が出来るようになります。

RENOVAの特徴とメリット

RENOVAは、治療時間を大幅に短縮することが可能になります。
従来の治療方法は、照射した全ての衝撃波が一つの焦点に収束する、点状に照射する治療法で、照射に時間や回数を要しました。
それに対してRENOVAは、衝撃波を線状に照射するので、治療部位が広範囲でほぼ陰茎海綿体全体を治療できます。
短期間かつ少ない治療回数で、効率よく治療効果を得ることが可能となりました。

また、MRIやCT検査のように切開を行わない施術となり、麻酔も不要なので、痛みを伴うこともありません。
施術中に稀にチクチク感じることもありますが、施術が終わるとすぐに消えてしまいます。
入院の必要もなく、施術が終わったらすぐに帰ることが可能です。
仕事への影響がなく、プライバシーも守ることが出来ます。治療期間中も日常生活の制限はありません。
実際にRENOVAの施術を受けた方も「いつの間にか施術が終わっていた。
スマホを操作している間に終わっていた」とのことで、その効率の良さが分かります。

また、RENOVAは薬を一切用いることがありません。
薬物療法では「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などが挙げられます。
常用薬との副作用でED治療薬が服用出来ないという方や、薬アレルギーをお持ちの方などは服用へのリスクが高かったのですが、RENOVAは体への負担を心配することなく、治療が行えます。
また、ED薬を服用しているが、あまり効果がないという方にもおすすめです。
RENOVAの治療方法は、低衝撃波をED(勃起不全)のペニスに対して週に1回、計4回を繰り返し照射を直接行う事によって働く「血管の無い箇所に新しく血管を作る」「既に存在している血管を枝分かれさせて血管面積を広げる」という自然なメカニズムを用いていますので、治療が進むうちに、その効果を実感することが出来るでしょう。

RENOVAの効果について

RENOVAの効果が主に期待出来るのは、陰茎海綿体の血管が詰まっていたり、細くなっている軽度~中程度のEDの場合といわれています。
また、EDの原因が血流以外の場合は、効果が実感できない場合があります。
RENOVAは、EDが血流による原因である場合に効果が実感できるので、例えば心因性や不規則な生活習慣、アルコールの過剰摂取などの場合は、あまり効果が期待できない可能性があります。
また、4回分の治療が完了した後は経過観察となりますが、副作用はないので、効果が低下してきたと感じたら、照射を繰り返し受けることも出来ます。
特に高齢の方は、血管などの機能低下も進むのが早いので、4回以上の照射が必要になる場合があります。

RENOVAの治療を受けてはいけない方

効率的に根本から治療できるメリットの多いRENOVAですが、下記に該当する方は治療を受けてはいけません。
・重い血液病、血栓症をお持ちの方
・悪性腫瘍を発症している方
・衝撃波部位に化膿性疾患の持病がある方
・最近、心筋梗塞や心不整脈を発病した方
・抗凝固剤を服用している方
・成長期のお子さん
血液に関わる持病の方や心疾患の持病の方等は、衝撃波治療が体への負担が大きいことから、RENOVAによる治療はお勧めしません。
若い方のEDは心因性や生活習慣等が原因であることが多く、RENOVAの治療を受ける必要がないことが多いようです。

RENOVAの治療は保険適用外になる

RENOVAは基本的に保険の適用外となり、自費での治療となります。
治療を受ける医療機関によりますが、4回で約30~40万円が相場です。
クレジットカードやローンを用意している医療機関もありますが、なかなか簡単に治療できるような金額ではありません。
しかし費用が高い分、効果も大きく期待できるのがRENOVAです。
医療機関によっては、お試しで治療できるところや、モニター参加で料金を安くしているところもありますので、EDでお悩みの方は、一度治療を受けてみてはいかがでしょうか。

RENOVAは他のED治療と併用できる

RENOVAは他のED治療と併用が可能です。
医療機関に相談すれば、患者の方の希望や状態に合わせて、ED治療薬やサプリメントなどの治療を受けることが出来ます。

RENOVAでEDを効率的に根本から改善しましょう

EDは、男性にとって大変デリケートな悩みです。EDであることが大きなストレスとなり、自信喪失になっている方も多いのではないでしょうか。
RENOVAは、短期間で根本からEDを治療する、まさに画期的な治療方法です。
薬によるアレルギーや副作用もなく、痛みも伴わないので、まさにEDの救世主と言えますよね。
まだ国内未承認なので、発展の余地はありますが、これからはED治療薬と並ぶ、ED治療のスタンダードになる可能性が高いでしょう。
治療費は高額ですが、結果的に治療を受けて良かったと感じられるのではないでしょうか。
根本からEDを治療して、大きな自信の回復へと繋げていきましょう。

-男性器の悩み

執筆者:

最新記事