公開日:2020/09/30
最終更新日:2020/10/09

亀頭増大術で逞しいペニスへ

投稿日:2020年9月30日 更新日:

亀頭増大術って何をするの?

ペニスの亀頭部分が先細りだと、見た目が貧弱に見えてしまうだけでなく、セックスにおいて女性を満足させることができなくなってしまう可能性があります。
そのために悩んでいる男性も少なくないのではないでしょうか。
もし亀頭が先細りしていることで悩んでいるなら、亀頭増大術を受けてみることをおすすめします。
亀頭増大術というのは、その名の通り亀頭を大きくさせる手術のことを言います。
いったいどうやって亀頭を大きくすることができるのだろうと不思議に思う方もいるかもしれません。
手術の方法はとても簡単で、注射器を使い専用の薬剤を注入するだけです。
施術時間はわずか20分程度。
これによりお好みのサイズアップを期待することができます。
この手術の手軽さと確実な効果の高さから、大変人気がある治療となっています。

亀頭増大術で得られる主な効果とは?

亀頭増大術を行うことによってどんな効果を得ることができるのでしょうか。
まず1つめ平常時も勃起時も、見た目がとても逞しくなります。
これまで貧弱なペニスにコンプレックスを感じていた方は、そのコンプレックスから解放されることでしょう。
2つめに、セックスにおいてパートナーの女性をこれまで以上に満足させることができるようになります。
これには明確な理由があるのです。
性交時に女性の膣にペニスを挿入するわけですが、その際に女性はペニスを挿入するときよりも、ペニスを引くときに刺激を感じます。
というのは亀頭のカリの部分が膣の内壁にしっかりと当たるからです。
ところが、亀頭のカリが張り出していないと、膣の内壁をしっかり刺激することができなくなってしまいます。
これが女性を満足させられない一つの原因となってしまうのです。
ところが、亀頭増大術を行うことで亀頭のカリが高く張り出すようになるので、膣の内壁に与える刺激が飛躍的に強くなるのです。
これにより女性の性感が増し、大きな興奮と満足を与えることができるようになります。
3つめに、包茎及び早漏を改善させる効果を期待することができるのです。
日本人男性の多くが仮性包茎と言われています。
これは勃起時には亀頭が顔を出しますが、平常時には包皮に亀頭が隠れてしまう状態を言います。
真性包茎ほど深刻ではないので、包茎手術を受ける男性はそれほど多くはないのですが、それでも平常時に包皮が亀頭を覆うことで不潔になりやすく、包皮炎などの皮膚病を発症させることも少なくありません。
ところが、亀頭増大術により亀頭のカリが大きく張り出すことでストッパーとなり、包皮が亀頭を覆うのを防ぐことができるようになるのです。
また、亀頭増大術は早漏改善効果も期待できます。
早漏というのは、女性が満足する前に射精してしまうことを言いますが、刺激が強すぎて射精を我慢することができないわけです。
「みこすり半」という言葉もあるように、ペニスを挿入してわずか3~4回動かしただけ射精してしまう場合も少なくないようです。
これでは女性を満足させることができるはずありません。
早漏の明確な射精までの時間が決まっているわけではありませんが、最低3~5分は必要でしょう。
では、亀頭増大術がなぜ早漏改善効果を期待できるのでしょうか。
これは亀頭に薬剤を注入することで、刺激を軽減させることができるようになるからです。
刺激が弱くなれば、その分射精が早くなるのを防ぐことができるわけです。
なお、感度は変わらないので、感じなくなってしまう心配はありません。

亀頭増大術の2つの薬剤注入法

亀頭増大術において薬剤を注入する際に、亀頭のカリの部分にのみ集中的に注入する方法と亀頭全体に注入する方法の2つに大きく分けることができます。
理想とするペニスの好みによって選択すると良いと思いますが、カリだけをハリのあるシャープな亀頭にしたければ前者がおすすめですし、亀頭全体に重厚感を持たせたければ後者が良いでしょう。
どちらも、今以上の見た目の改善や性交時の女性への刺激が増大する効果を期待することができます。
なお注意点としては、亀頭増大術で注入できる薬剤量には個人差があることです。
また限界量もあります。
診察時に最大何ccくらい注入が可能(通常希望に応じて1cc単位で注入が可能)で、それによってどのような亀頭を形成することができるかについて医師から説明があるので、もし不安なことやわからないことがあれば、そのときに尋ねると良いでしょう。

注入剤の種類と費用について

注入剤にはいくつかの種類があり、多くのクリニックではその中から好きな注入剤を選ぶことができるようになっています。
というのは、注入剤によって効果や費用が異なるからです。
一般的な注入剤として多く使用されるのはヒアルロン酸です。
各種美容整形でもよく用いられる素材ですが、費用は1ccあたり10万円前後となっています。
通常のヒアルロン酸よりも効果が長く持続するSuperヒアルロン酸もあります。
費用は1ccあたり12万円~15万円です。
半永久的に効果が持続するパーマネントフィラーと呼ばれる注入剤もあります。
費用は18万円~25万円と高くなりますが、繰り返し注入する必要がなくなります。
クリニックによって選べる注入剤や費用は異なりますし、キャンペーンの特別価格で提供している場合も多いようです。

亀頭増大術の流れ

亀頭増大術の流れについて簡単に説明します。
まず無料相談・診察カウンセリングのための来院予約を入れてください。
診察カウンセリングではペニスの状態を診察し、患者さんの希望を聞いたうえで、最適な増大法や痛み、麻酔などについての説明を受けます。
手術が決定したら、いよいよ手術開始ですが、所要時間はわずか20~30分で終了し、もちろん日帰りが可能です。
支払いは現金のほか、クレジットカードやデビッドカード、分割払いが可能なクリニックもありますので、問い合わせてみると良いでしょう。

術中・術後痛みはないの?

デリケートな部分の手術ですから、痛くないか心配という方もいることでしょう。
術中の痛みについては、「表面麻酔」や「背面神経ブロック麻酔」、「治療部浸透麻酔」など、必要に合わせて麻酔をしたうえで行いますので心配はありません。
麻酔注射事態も無痛麻酔なので大丈夫です。
術後に痛みが発生する心配はありませんが、万が一に備えて痛み止めが処方されます。
クリニックでは、アフターケアもしっかりしているので安心です。

-男性器の悩み
-, , , , , ,

執筆者:

最新記事