公開日:2020/09/30
最終更新日:2020/10/09

亀頭にコンプレックスを感じているときは増大術で治そう

投稿日:2020年9月30日 更新日:

コンプレックスの解消が可能

男性の亀頭はそれぞれさまざまな形になっているので、中には小さく先細りになってしまっている方もいます。
皮も被りやすいので包茎になってしまい、衛生面でも気になっている方もいるでしょう。
亀頭は増大させることができ、コンプレックスを解消できます。

バイオアルカミド注入で増大させる

さまざまな方法がありますが、バイオアルカミドを注入する方法は美しい亀頭を作れます。
素材は96%無発熱性水と4%架橋されたアミドイミドアルキル型高分子均一ポリマー体からなる透明なジェルで、亀頭に入れ込んでいくことで自然なふくらみをもたらし増大できるのです。
特徴としては注入するとコラーゲンの被膜もでき、形が崩れる心配がありません。
せっかく注入しても中で成分が吸収されてしまって、形がまたすぐに戻ってしまうのが嫌だという方におすすめです。
形も亀頭を触って刺激を何回か加えたからといって、変形することもありません。
見た目にも自然で美しい状態を、ほぼ半永久的に保てます。
コラーゲンなどを注入した場合は吸収されてしまうので1年くらいで元に戻ってしまうので、それに比べると長期的な目で見て安心でしょう。
亀頭の硬さもしっかりと再現されていますので、変な造りもののような硬さではなく自然な弾力があります。
女性との性行為の時間なども、堂々した気持ちを保てるでしょう。

治療では痛みを感じないので安心

ペニスはただでさえ敏感な箇所ですので、ここに痛みを感じてしまうのは怖いと感じている方も多いでしょう。
亀頭を増大する手術では痛みを感じないように、局部麻酔をしてくれます。
麻酔がしっかりとかかれば痛みはわからないですし、治療時間も10分程度で終わってしまいます。
あっという間に手術も終わり美しく増大できますので、不安になることもありません。
どのくらい亀頭を増大させるかはペニスの大きさなどとの兼ね合いも見ながら、先生と一緒に決めていきましょう。
バイオアクアミドをどのくらい亀頭の中に入れ込むかで、ハリやふくらみ具合は変わってきます。
よりハりをもたらして元気にしたいときは、量が多めのほうが叶います。

バイオアルカミドのメリットが多数ある

弾力や硬度がありますので、亀頭に若々しいハリがあり女性を楽しませてあげることができます。
アクアミドよりも粘り気や弾力なども大きいので、長期的な目で見たときに堂々とした状態がより長く続きます。
先細った状態では女性も挿入時にあまり感度がない状態ですが、亀頭を大きくすることで注入部が硬くなりより満足感を与えられるのです。
平常時でも亀頭が明らかに大きくなるので、銭湯などに行った場合に誰かに見られてしまっても、恥ずかしくないペニスの形状になります。
異物を入れるようで不安に感じてしまうかもしれませんが、逆に変に皮膚の中で溶けてしまって害を与える心配もなく、さらに生体親和性にも優れていますので、不安を抱く必要はありません。

手術が終わったらすぐに元の生活ができる?

傷口などもあるので、当日からすぐに普通の生活ができるというわけではないのですが、比較的すぐに元の生活へと戻れます。
まず翌日からシャワーや入浴も可能で、仕事なども普通にできます。
ただ性行為に関しては安全も考えて、すぐにではなく14日目から行いましょう。
その方の術後の経過で変わってきますので、医師に相談するのも大切です。

生体親和性が大変高く安心なアクアミド注入

こちらも非吸収性ジェルになりますので、簡単に皮膚の中に溶け込むこともなく長期的に亀頭にハリをもたらしてくれます。
硬く増大しますので、女性との性行為の時間もたっぷりと楽しむことが可能です。
ペニスの中に入っても違和感を感じにくく、見た目も美しいペニスを作れます。
アクアミドのゲル自体に特許権もあり、生体親和性があるので安心して利用できます。
バイオアルカミドに比べると若干持ちは劣りますが、それでもほとんど半永久的に持ちますので、何回も亀頭を大きくする成分を注入しなくても良く安心です。
こちらもお風呂なども翌日よりシャワー、入浴ともにOKで、性行為は14日目からしましょう。
簡単な手術ではありますが、終わったばかりの1週間から2週間は無理をしないようにしましょう。

ヒアルロン酸の注入でも亀頭が増大する

目の下のシワや法令線などをなくすために使われているヒアルロン酸ですが、実は亀頭を増大させる効果もあります。
もともと皮膚の中に入れても害がなくハリをもたらせてくれるものですが、亀頭に直接入れても安心です。
ヒアルロン酸自体、人間の体にも存在しますのでアレルギーも起きません。
これまでに説明してきたものとは違い、ヒアルロン酸は少しずつ吸収されてしまうので増大は半永久的ではありません。
一時的に亀頭を大きくしたい場合やあまり何か異物をずっと入れているのも不安だと感じている方におすすめです。
個人差はありますが手術をして半年程度で元の大きさに戻ってしまうので、その亀頭のハリを維持したいときはこまめにメンテナンスが必要です。

SUB-Qも治療としておすすめ

こちらはヒアルロン酸の一種なのですが、亀頭の増大により適しています。
ヒアルロン酸を注入すると大体持続期間が半年ですが、それよりも効果が長く続くからです。
できれば自信のある亀頭が長く続けばいいと思っている方は、SUB-Qを選んでみても良いでしょう。
ヒアルロン酸の一種ですので、安全な注入物でもあり心配はいりません。
その日のうちにカウンセリングをし治療に入れますし、治療時間は10分程度で終わってしまいます。
麻酔も行い痛みを感じないような手術ですので、その点も安心です。
翌日からシャワーはできますが、入浴は3日からとなります。
性行為に関しては、2週間後から可能となります。

シリコンボールで女性を楽しませてあげることも可能

ペニスにシリコンボールを入れると、女性を強い刺激を与え大変喜ばれます。
人よりもペニスが細くて自信のない方も太くできますし、さらにボールが入っているのでそのボコボコで女性の膣の中の気持ち良い箇所を強めに刺激できるのです。
球状になったものを入れると平常時でも勃起時でもかなり目立ちますが、膣の中で当たる面積はそう大きくはありませんが、半球状のものを入れたときは平常時はあまり目立たず、勃起時だけポコポコがわかり、膣の中に当たる範囲も広くなるという特徴があります。
希望の箇所を先生と相談をした後、麻酔をかけて痛みがないようにしてからシリコンボールを入れていきます。
抜糸などもしなくて良いので、簡単な手術で安心です。
シリコンボールの場合手術後3日間は傷口を守るため包帯を付け、お風呂はシャワーのみとなります。
性交渉はほかの手術よりも長く、3週間は見てから行うようにしましょう。
治療も個数によりますが5分程度で終わりますし、仕事などは当日から可能です。

治療する際に覚えていてほしいこと

大きくしたいという気持ちが勝ってしまうので、亀頭に量を多めに注入してほしいという方も多いです。
しかし皮膚には収縮作用があるので、急に結構な量を注入してしまうとそれ以上入らずに漏れてしまうこともあります。
始めから大きくしたい気持ちはわかりますが、最初だからこそ量は慎重に決め半年や1年様子を見て異常がなければ、さらにもう少しずつ増やしていきましょう。
逆に数回に分けたほうが増大効果も高まりますし、亀頭や皮膚に負担をかけなくて済みます。

-男性器の悩み
-, , ,

執筆者:

最新記事