公開日:2020/09/30
最終更新日:2020/10/09

包茎手術やEDに関するQ&A

投稿日:2020年9月30日 更新日:

Q.包茎手術というのは誰でもできるのでしょうか?
A.年齢制限もないのでペニスにコンプレックスを感じている方は、まず病院に相談してみましょう。
ただ未成年の場合は保護者の方の同意が必要となりますので、まずは相談してから一緒に病院に行くか、承諾書を持っていくようにしましょう。
80歳でも90歳でも包茎の手術は可能で、実際に受けている方もいます。

Q.包茎手術は大がかりですか?
A.入院も不要な簡単な手術になりますので、大がかりになりません。
手術時間は目安ではありますが、おおよそ2時間程度と考えていただければ幸いです。
もちろん、あくまで目安ですので、人によっては早く終わる可能性やもう少々お時間がかかる可能性もございます。
ただ、病院に行った当日にそのままカウンセリングをした後納得できれば、すぐに手術できます。
翌日も学校や会社を休む必要はなく、通常通り生活が可能です。

Q.仮性包茎はほっとけば治りますか?
A.未成年の間はもしかしたらということが考えられても、成長が止まってしまい、成人になった後は治らないので、病院に相談するのが一番です。

Q.手術という言葉を聞くだけで怖いです。切らない方法はありますか?
A.切らない方法もありますので、仮性包茎の手術を怖がる必要はありません。
しっかりと最初に要望なども聞きその方に合った方法で手術をします。

Q.痛い手術は嫌いです。大丈夫ですか?
A.患者さんの心の負担をなくすために局所麻酔もしますし、その方に合った麻酔を使いますので安心して任せられます。
手術中だけでなく自宅に帰った後の痛みにも備えて痛み止めを処方してもらえます。

Q.傷が残って包茎だったことがバレますか?
A.ほかの人が見てもかつて包茎で手術したとわからないくらいにまで、傷口を目立たせずきれいにできます。
自然な仕上がりですので心配はいりません。

Q.包茎の手術していると知られたくないのですが大丈夫ですか?
A.プライバシーにはこだわっている病院も多く、他の患者さんとも会わないように個室に通してくれます。
誰にも内緒で包茎の手術をすることは可能です。

Q.年齢は15歳でも手術ができるのでしょうか?
A.未成年の場合は保護者の同意は必要になりますが、そこだけ得られれば手術が可能です。
コンプレックスを抱えたままの方は、まず親御さんに相談をしましょう。

Q.50歳を迎えた頃から包茎のようになってしまったのですが治せますか?
A.年齢は関係ないので50歳以上の方でも包茎手術は可能で、まずは病院に相談してみましょう。
さまざまな理由なども考えられるので、カウンセリングと診察は早めに行いましょう。

Q.もし手術当日に勃起しても大丈夫でしょうか?
A.自然に勃起してしまったものは何ら問題ないのですが、自分で勃起させようと手などで刺激を与えてしまうと、出血や痛みへつながってしまいます。
その点だけ注意をしましょう。

Q.皮を切りすぎるなどの失敗をすることはないのでしょうか?
A.なんとなくで皮を切除するのではなく、しっかりと計測を細かく行いし密な切除ラインで切るので失敗はありません。
逆に皮が余ってしまって違和感のある仕上がりになることもありません。

Q.糖尿病だと包茎手術は難しいでしょうか?
A.糖尿病であっても、包茎に関しては手術が可能です。

Q.包茎の箇所をいじっていたら亀頭が腫れてしまったのですがこれはマズいでしょうか?
A.気になって触って無理に剝いてしまうと、亀頭の周囲が腫れてしまいそのままにしてしまうと危険です。
この場合は最悪亀頭が壊死してしまうので、すぐに病院に行きましょう。

Q.あまり経験のない先生に手術されたくないのですが避けられますか?
A.病院を選ぶときには経験も豊富で実績のある先生か調べてから、予約をするようにしましょう。
イメージ写真のみで、先生について良くわからないクリニックには気を付けましょう。

Q.包茎手術後はどのくらい待たないとセックスやオナニーができないのでしょうか?すぐにやっても大丈夫ですか?
A.手術後は完全に傷口も治っているわけではないので、約1か月は様子を見てその後楽しむようにしましょう。
日常の食事や仕事、学校では普通に生活できます。

Q.帰宅してから何か異変があったらどうすればいいのでしょうか?
A.病院によって24時間電話がつながり、そこで相談できるケースが多いです。
異変があったときは、すぐに電話をしてみましょう。

Q.EDの治療薬はすぐに貰えますか?
A.10分程度でお渡しすることができます。
問診を行って症状をお伺いいたします。

Q.薬が処方されるまでの流れを教えてください
A.来院後、個室にて問診をさせていただきます。
説明をした後、薬を処方いたします。
問診の際にズボンを脱ぐことはないのでご安心ください。
対応するのは男性のみなので安心です。

Q.問診や処方にお金はかかりますか?
A.基本的に問診や処方などにお金はかかりませんが、薬代はかかります。

Q.保険証は必要になりますか?
A.EDの治療薬は保険適用外なので不要です。

Q.治療薬はいくつかあると聞きましたが、違いはなんですか?
A.大きな違いは持続時間です。
自分に合うと感じる薬を使いましょう。

Q.どうやって薬を選べばいいですか?
A.薬には相性がありますので、いくつか薬を試して決めてください。

Q.ネットで売っている薬と何が違うんですか?
A.ネット上では偽物なども多数売っています。
そのため、クリニックなどで処方されるものが安心です。

Q.EDの治療薬にはジェネリック医薬品はありますか?
A.あります。
ジェネリック医薬品でも通常の薬を効果や品質などは変わりませんのでご安心ください。

Q.副作用はありますか?
A.あります。
多くあるのは顔のほてりで、頭痛や下痢なども稀にあります。

Q.心臓に悪いと聞いたのですが。
A.心臓に影響があるのではなく、ニトログリセリンと併用するのが問題となっています。

Q.ほかの薬と併用可能ですか?
A.薬によります。
硝酸薬やニトログリセリンとは併用できません。
また、糖尿病の薬との併用は問題ありません。

Q.高血圧でも大丈夫ですか?
A.問題ないですが、降圧剤との併用はご注意ください。

Q.お酒と併用しても大丈夫ですか?
A.大丈夫です。
飲みすぎると男性機能は低下しますので注意が必要です。

Q.薬を飲むのは水とお湯のどちらがいいですか?
A.特にどちらが良いというのはありません。

-男性器の悩み
-, , , ,

執筆者:

最新記事