公開日:2020/09/29
最終更新日:2020/10/09

女性を悦ばせてあげられるシリコンボールとは

投稿日:2020年9月29日 更新日:

もっと性生活を楽しみたいときにはシリコンボール

ペニスを強化してもっと性生活で自信を持ちたいときには、シリコンボールを入れるというのも1つの方法です。
女性はペニスが大きく亀頭にもハリがあると、膣の中で当たっている感覚があるのでもちろんこれだけでも気持ちが良いものです。
ただもっと強い刺激を女性に与えたいというときは、シリコンボールを上手に活用しましょう。
陰茎皮下に小さいボールのようなものをいくつか挿入をするのですが、素材も医療用のシリコンでできていますので安心して入れられます。
数も1個のみなどと決まっていないので、女性を気持ち良くしてあげられるよう複数個入れることも可能です。
どの箇所に入れるか迷ってしまったときには、クリニックの先生と相談をしながら配置を決められます。
ほかにもシリコンリングやシリコンバーもあり、こちらもシリコンボール同様で女性に強い刺激を与えられます。
ペニスの特徴によっても、どのシリコンを使うとより女性に満足を与えやすいかなども変わるので、迷ったことがあればすべて相談してみましょう。

手術は痛いのか不安な方へ

本来ペニスは入っていないものを新新たに入れるので、手術をするのが怖いと感じている方もいるのではないでしょうか。
そのままペニスにメスを入れてシリコンボールを入れるのではなく、しっかりと無痛麻酔をしてからの手術になりますので安心して大丈夫です。
痛みは一切感じることなく、だいたい30分で終わります。
大がかりな手術をするわけではないので、そんなに身構えなくても大丈夫です。
手術によっては終わった後も定期的な通院が必要になる治療もありますが、シリコンボールを入れた後は通院がまったく必要ありません。
何か相談したいことがあればいつでも先生に聞けますが、特に何もなければ大丈夫です。
陰茎の皮膚と陰茎海綿体を包む白膜との間の筋膜層にシリコンを入れるのですが、女性が気持ち良くなれるように形を調節しながら手術を行います。
その方によってペニスの大きさは違いますし、形なども微妙に変わってきます。
シリコンバーなどは人体構造学を基に設計もされていますので、安心して手術をして大丈夫です。
さらに手術が終わった後は、女性の膣にしっかりと圧力をもって刺激を与えられるので大満足させてあげられます。
シリコンバーの場合は、T型になったものと円柱になったものがあり、好みで選ぶことが可能です。
ペニスの形によってはよりどちらが合うなどもありますので、相談しながら決めてもいいでしょう。

病院選びは重要なので慎重に!

より理想通りの場所にシリコンボールを入れて女性と性行為をしたいと思っている方も多いと思いますが、先生の経験値によっては理想通りにならない可能性もあります。
さまざまなペニスがあり、シリコンボールを入れる位置などを的確にしないと美しい形に仕上がらなくなってしまうのです。
だからこそたくさんの患者さんのペニスを見てどのタイプが合うなどと経験を持っている先生でないと、ピッタリな位置確認が難しくなってしまいます。
病院を選ぶときには、しっかりと口コミやその先生がどれだけシリコンボールを入れる手術に慣れているのかなどを見て、自分でも納得できる病院に行きましょう。
高度な技術を持っていて症例数も多い病院であれば、より的確なアドバイスも受けられますし、見た目も美しく実際に性行為のときには女性を悦ばせてあげられるペニスを手に入れられます。
施術をする前に必ずカウンセリングがありますので、ここでペニスに合わせたサイズやどのような形状が向いているのか、個数、挿入位置などを詳しくアドバイスできる先生だと感じたらお願いしてもいいでしょう。

ほかのコンプレックスも一緒に解消できる

ペニスにまつわる悩みをほかにも抱えていれば、シリコンボールを入れるのと同時に手術できる可能性があります。
特に先細りで包茎気味である方や亀頭が小さく敏感で早漏の方もいるかもしれません。
その場合、亀頭を増大させる手術もあり、一緒に行えます。
もっと長さを出して女性の膣の奥までしっかりと届くようにしたいときは、長茎術も可能です。
ペニスもただシリコンボールが入っていて気持ちが良いというだけでなく、亀頭を増大させることで見た目が美しく自慢な形を手に入れられます。
誰に見られても恥ずかしくないですし、自信も出てくるでしょう。

無痛の麻酔もさまざまあり患者さんに合わせて使用してくれるので安心

手術をするうえで痛みがあるというのは、患者さんにとって本当に怖いことではないでしょうか。
シリコンボールを入れるときには、さまざまな麻酔を用意していて、そのときの手術内容は患者さんに合わせたものを使用します。
テープやスプレーを使う表面麻酔もありますし、神経周辺の痛みをなくす背面神経ブロック麻酔、治療する部分を集中的に麻酔するものもあります。
麻酔のそれぞれの良い面を活かした、ブレンド麻酔などもありますので安心です。
手術後数時間で麻酔は切れてしまいますが、万が一痛みがきてしまったときは帰宅後の痛み止めもありますので大丈夫です。

シリコンボールを入れる手術の際の流れとは

まずは予約をしてカウンセリングから始めます。
先生もいきなり手術を行うことはないので、カウンセリングでは不明な点をすっきりとするまでしっかりと聞きましょう。
ペニスがどのような形になっているのかなど詳しく見ていきながら、どのようにシリコンボールを入れていくと良いのかなども教えてくれます。
手術でのリスクなども包み隠さずに教えてくれますし、より希望に添うようなシリコンボールの位置なども詳しく聞けます。
病院によってはこの後先に支払いがある場合もあり、一括払いができないときはローンなどの相談にも乗ってくれますので不安な場合は相談しましょう。
すべてを確認して納得した後、実際に麻酔をかけて手術となります。
手術自体は30分から40分で終わりますが、そのときにどの手術内容を組み合わせたかでも変わってきます。
特に何もなければ絶対に後から病院に行かなければならない日はありませんが、万が一気になることがあるときには相談しましょう。
病院によっては24時間のサポートがあるところもあり、何かあっても安心です。

-男性器の悩み
-,

執筆者:

最新記事