TAGS:
CATEGORY:
公開日:2020/09/29
最終更新日:2020/10/09

コラーゲンを使えば亀頭は増大し刺激にも強くなる!

投稿日:2020年9月29日 更新日:

早漏で悩んでいる方におすすめなコラーゲン

コラーゲンと聞くと、女性の化粧品やサプリメントに入っているイメージが強いかもしれません。
シワや肌のハリがなくなってきたときにコラーゲンを入れてあげることで、若々しさを取り戻せます。
実は美しい肌を手に入れるだけでなく、亀頭部分に注入してあげることで増大するものでもあります。
ボリュームが出ますので、見た目も良くなり亀頭も硬くなるのです。
コラーゲンは亀頭に注入するとすべて入れたものがすぐに吸収されるわけではなく、少しずつ入り込むため早漏予防にもつながります。
これまで亀頭が敏感で刺激を受けてしまうと我慢できずに終わっていた方も、コラーゲンの力で亀頭が強化されて長い間我慢できるようになってきます。
今は亀頭が小さく見た目も自信がない方で刺激にも弱いという方は、一度コラーゲン治療も考えてみるのもいいでしょう。

コラーゲン治療が合っているのは具体的にどんな人?

亀頭が小さく自信がない方もですが、このコラーゲン治療が合っている方は具体的にほかにもいます。
中には病院での治療をする際に、亀頭に入れたときに吸収されずに異物がずっと残っているのは不安という方もいるでしょう。
そのような方も、コラーゲン治療は合っています。
コラーゲンは肌の中に入れると少しずつ吸収されていきますので、何か異物感を抱くものがそのまま残ることはありません。
触ったときにも自然な感じで、亀頭部分が増大しています。
女性との楽しい時間などを送る際に早漏でコンプレックスを感じていた方も、亀頭が強化されてすぐに我慢できなくなってしまう状況にならないので、精神的にも自信が出てくるでしょう。
見た目が美しく、先細りの見た目も解消されます。
先が細いということは、包茎にもなりやすく悩みになっていた方もいたと思いますが、亀頭に幅が出て皮の中に埋もれにくくなり清潔さも保てます。

コラーゲンは女性の化粧品などにも使われているくらい安全

肌の中にコラーゲンを入れて何か副作用が出てしまったらどうしようと不安を感じてしまう方もいるかもしれませんが、すでに化粧品やサプリメントでも多数販売されていて安全な成分です。
コラーゲンを亀頭の中に注入したからといって副作用はありませんので、安心して利用してみましょう。
そして何か硬いものなどを入れてそのまま残すのではなく、中に吸収されていくのでその点でも安心です。
急にその異物が亀頭の中で破裂するような心配もないですし、触った感じも違和感はありません。
若々しくいたいと考えている多くの方が、美容外科で注入をしたりドリンクを飲んでいますので大丈夫です。

どのくらいコラーゲンを注入したら持つの?

できれば長く亀頭に自信を持っていたいものですが、コラーゲンの持続期間というのは目安があります。
おおよそ半年から1年ほどになり、少しずつ吸収されていきます。
一気に吸収はしないので、亀頭が昨日までハリがあって元気だったのに次の日にはしぼんでいたということはありません。
1年くらいかかって少しずつ吸収されるので、徐々にまた元のサイズに戻っていくようになります。
これは個人差もあり、1年以上亀頭にハリがある方もいますし、逆に半年もしないで元通りになってしまう方もいますので様子を見るしかありません。
しかし亀頭が元通りになってしまいそうになっても、また足りない分のコラーゲンを注入してあげれば問題ありません。
定期的に病院で相談をしながら、またコラーゲンを追加して大きさを保っていきましょう。

コラーゲンはどのくらい注入してもらえるの?

刺激に我慢できずにすぐに射精してしまうという場合は、コラーゲンの量は2cc~3ccくらいを注入します。
早漏というよりは亀頭にハリがなくもっと増大させたいという場合は、コラーゲンの量をもっと増やし3cc~5ccくらいを入れていきます。
その方の亀頭の状態も見ていきながら、量なども調節していくのが一般的です。
合わない分量を入れてしまうと、自分の理想の亀頭にならない可能性もありますので、しっかり先生と相談しましょう。
亀頭の粘膜からどの深さにコラーゲンを入れるかでも、凸凹が目立ってしまい、見た目が大きく変わります。
病院選びをするときにはあまり亀頭についての治療をしたことのない病院よりも、さまざまな患者さんの対応をしていて、手術の経験が豊富なところを選んで相談したほうが安心です。
後から後悔しないために、しっかりと気になる点などは小さいなことでも質問しましょう。

どんな流れで手術を受けられるのか?

まずはすぐに手術に入らず、亀頭にどのような悩みを持っているのか詳しくカウンセリングをしてから、その後の手術の方向性を決めていきます。
痛みはあるのか、傷跡はどのように残るのかなどを一緒に話し、納得してからの治療となります。
プライバシーなども守ってくれますので、安心して相談しましょう。
納得して手術をするとなったら、麻酔を効かせて痛みがないようにしてから治療を行います。
時間も5分という短さですので、あっという間に終わりです。
手術が終わった後に抜糸はないのですが、亀頭には包帯を巻き、シャワーなども患部には当ててはいけません。
患部以外であればシャワーはOKで、入浴は傷口なども安定してくる4日以降からOKです。
アルコールや性行為なども手術後3日間は亀頭も安定していませんので、控えるようお願いします。
どちらも入浴と同様4日以降からであれば、問題ありません。

-男性器の悩み
-,

執筆者:

最新記事