TAGS:
CATEGORY:
公開日:2021/03/04
最終更新日:2021/03/04

遅漏はトレーニングで改善!効果的なトレーニングを紹介します!

投稿日:

遅漏はトレーニングで改善!効果的なトレーニングを紹介します!

男性の性機能の悩みの中で、相談件数が多い遅漏。
男性にとってはとても深刻な問題で、遅漏でお悩みの方は少しでも早い改善を望まれているはずです。
実は、遅漏はトレーニングすることで改善できることをご存知でしょうか?
今回は、遅漏のトレーニング方法について詳しくご紹介します。

遅漏をトレーニングで改善しよう

遅漏とは、本人の意思に反してなかなか射精ができない、もしくはまったく射精ができない状態のことです。
遅漏の明確な定義は存在しませんが、自分の意思に反して射精が遅れてしまうことがあれば遅漏であるといえるでしょう。
遅漏などの性機能の悩みはとてもデリケートで人には相談しづらい悩みです。
しかし、今回紹介する方法で改善が見込まれるケースもあります。
ぜひこれらのトレーニング方法を試して、改善に向けて進んでいきましょう。

遅漏のトレーニング方法:自慰行為のやり方を修正する

遅漏の原因のひとつとして考えられているのが、間違った自慰行為です。
間違った自慰行為とは性器に強い刺激を与えてしまうやり方のことで、強い刺激に慣れてしまうことで射精に至るまで時間がかかります。
例えば、性器を手で強く握りしめすぎているやり方は、間違った自慰行為であるといえます。
強い刺激を与え続けることで、新たに快感を感じるにはより強い刺激を与えなければいけません。
知らずしらずのうちに強く握りしめていることで、気づかないうちに遅漏になっていたというケースも考えられます。
このような場合は、自慰行為の改善が必要です。
また、性器を床で擦りつけるやり方も、間違った自慰行為のひとつです。
床に押しつけて身体の圧力で性器に強い刺激を与えるような自慰行為をしていると、だんだんと弱い刺激では射精ができなくなります。
特にこの方法は、性行為をする際に大きな問題となることが多くあります。
膣内は身体の圧力で与える刺激に比べて、とても弱い刺激しか与えられません。そうなると、自慰行為では射精できるが、性行為の際に膣内で射精できないという状況に陥る可能性があります。
このような状態を「膣内射精障害」といいます。
膣内射精障害は自分だけの問題ではなく、パートナーとの関係に亀裂が入ることもあるので注意しましょう。
床に擦りつけるのではなく、手で刺激を与えるという方法に徐々に変えていくことで、改善が見込めます。
ここで大切なことは、どちらの自慰行為の場合でも弱い刺激に徐々に慣れていくということです。
これまで強い刺激しか与えていなかったので、弱い刺激ではとても物足りないかもしれません。
しかし、弱い刺激を与えるトレーニングを続けることで、少しずつ弱い刺激でも射精できるようになります。
必ず成果は目に見えて現れるので、根気よくトレーニングを続けましょう。

遅漏のトレーニング方法:遅漏改善のために開発された器具を使う

現在、一部の企業から遅漏を改善するためのトレーニング器具が発売されています。
その器具を用いることで、先ほどの自慰行為の改善よりも早いスピードで改善が望めるかもしれません。
この器具の使用目的は、「膣内の弱い刺激でも射精できるようにすること」「弱い刺激に少しずつ慣れていくこと」です。
刺激の強さに合わせて数種類の器具が用意されており、間違った自慰行為をして強い刺激に慣れている場合は、まず同じ程度の強い刺激が与えられる器具を自慰行為の際に使用します。
そこで射精までの制限時間を決めて、それまでに射精できれば、今よりも刺激が少し弱い器具に移行します。
もし制限時間内に射精できなければ、もう一度同じ器具で試してみましょう。
徐々にその刺激に慣れていくことで、自然に遅漏の改善にも繋がります。
課題をクリアして徐々に弱い刺激の器具に移り、最終的には一番刺激が弱い器具で自慰行為を行います。
一番刺激が弱い器具で制限時間内に射精ができれば、膣内でも問題なく射精できるでしょう。
膣内で射精できないことで悩んでいる場合は、器具を固定して性行為に見立てて腰を振るトレーニングも効果的です。
性行為と同じ動きなので、これで射精することができれば自信にも繋がります。
この方法を行う場合も、制限時間を設けて課題をクリアしていき、最終的には一番刺激が弱い器具でも射精できるようにトレーニングをすることが理想です。
一番弱い器具で射精できるようになった頃には、きっと遅漏も大幅に改善されているはずです。

遅漏のトレーニングは継続が大切!

ここまでさまざまなトレーニング方法をご紹介しましたが、どの方法も継続することが一番大切です。
特にトレーニングを始めた頃は弱い刺激に満足することができず、ついいつもの方法で自慰行為を行ってしまうかもしれません。
また、最終的に改善できたとしても、強い刺激を求めてこれまでの自慰行為を行いたくなることもあるでしょう。
しかし、遅漏改善のためには、自身の目標をクリアできるまでは妥協を許さないようにしましょう。
弱い刺激に慣れていく必要があるため、継続が何よりも重要です。
少しずつ改善をめざして満足のいく結果を得られるようにしましょう。

-男性器の悩み

執筆者:

最新記事