TAGS:
CATEGORY:
公開日:2021/03/04
最終更新日:2021/03/04

遅漏とは?原因や対策・治し方まで徹底解説!

投稿日:

遅漏とは?原因や対策・治し方まで徹底解説!

「遅漏」は男性にとってはなかなか相談しづらい症状ですが、原因を知り対策することで、改善することが可能です。
対策などを先送りにするほど改善までの期間が伸びてしまうので、早めに治療しましょう。
とはいえ、遅漏は一体どんなことが原因で起こり、どのような対策や治し方があるのでしょうか。
今回は遅漏の原因や対策、治療方法まで詳しく解説します。

遅漏の症状

遅漏とは、自慰行為や性行為をする際になかなか射精ができない、あるいはまったく射精できない状態のことです。
何分以上射精できないと遅漏であるという明確な定義はありませんが、本人の意思に反して射精が遅れてしまう状態を遅漏といいます。
自慰行為の際は射精が遅くなることは特に問題ではありませんが、性行為ではパートナーとの関係に影響を及ぼす可能性があり危険です。
なぜかというと、男性がうまく射精できないのは、女性側に原因があると思い込んでしまう場合があるからです。
また、妊娠を希望する場合は遅漏であることが不妊に繋がってしまう可能性もあります。
遅漏の影響でまったく射精ができない状態であれば、妊娠は不可能です。
このような場合は、体外受精が必要になるケースもあるでしょう。

遅漏と同じく性行為の際に膣内で射精ができない状態を「膣内射精障害」といいます。
膣内射精障害も、遅漏と同じような原因で起こってしまうと考えられています。
では、遅漏はどのような原因で起こってしまうのでしょうか。

遅漏の原因

強い刺激に慣れてしまっている
遅漏の原因として考えられていることのひとつに、性器が強い刺激に慣れすぎてしまっているということが挙げられます。
自慰行為をする際により強い快感を得るために、力強く性器を握りしめてしまう。
ほかにも床に性器を擦りつけることで身体の圧力によってより強い刺激が得られるので、床に擦りつけて自慰行為をしてしまう。
このような間違った自慰行為の方法が、遅漏を引き起こしているというケースが存在します。
強い刺激に性器が慣れてしまっているので、普段より弱い刺激、もしくは同じような刺激ではなかなか射精にまで至りません。
さらに強い刺激が必要になってくるのです。
性行為をする際は、この間違った自慰行為をした影響が強く現れます。
膣内は手の強い圧力や床に擦りつけることに比べて刺激がとても弱く、性器が刺激を感じることがほとんどできなくなってしまいます。
そのため、挿入後もなかなか射精ができず、長時間の性行為に及ぶことも。
このように、性器が強い刺激に慣れていることが遅漏の一番多い原因ともいわれています。

精神的なストレス

精神的な強いストレスが原因で、遅漏が引き起こされるケースもあります。
日常生活でストレスを溜め込みすぎていると、身体も常に疲れている状態になります。
そのため、疲れによって性欲も減退してしまい、性機能が少しずつ低下していくのです。
ほかにもパートナーとの関係から影響を受けることもあります。
パートナーとの関係がうまくいっておらず、夜の生活でストレスを抱えてしまう場合は精神的な問題が原因で、性機能に影響が出てしまいます。
自慰行為では問題なく射精できるが、性行為ではなかなか射精できない場合はパートナーとの関係はうまくいっているのか再確認しましょう。
精神的な問題を抱えている場合は原因をひとつずつ探って、解決していく必要があります。

飲酒

過度な飲酒が遅漏の原因となることもあります。
お酒を飲むことで、アルコールによって少しずつ中枢神経が麻痺してきます。
この中枢神経には性機能に関する神経もあるので、飲酒をすることで神経が麻痺して性機能が低下してしまうのです。
また、過度な飲酒は眠気を誘ってしまいます。
アルコールによる影響には個人差がありますが、常に適量を心がけるようにしましょう。
飲み過ぎは禁物です。

加齢

遅漏になってしまうのは、加齢による影響も考えられます。
男性は年齢とともに、少しずつ男性ホルモンの分泌量が低下していきます。
それにより性的欲求が弱まり、性機能も低下すると考えられているのです。

薬の影響

薬の副作用の影響で、遅漏になるケースもあります。
例えば精神科で処方される抗うつ薬の一部には、副作用で遅漏になってしまうことが確認されています。
現在薬を服用している場合は、医師に薬の変更などを相談してみましょう。
自己判断で服用を止めてしまうことはとても危険です。
必ず医師に相談し、今後の服用について決めましょう。

遅漏の対策

遅漏の対策のひとつとして、強い刺激に慣れてしまっている場合は自慰行為の方法を修正する必要があります。
いつまでも強い刺激を与えてしまっていては、遅漏が改善することはありません。
改善に向けては、ひとつひとつの原因と向き合う必要があります。
性器を強く握りしめてしまっている場合は、手の力を緩めるようにしましょう。
そして床に擦りつけてしまっている場合は、この自慰行為の方法は間違っていますので今後は中止するようにしましょう。
手で刺激を与える方法に切り替えて、少しずついつもより弱い刺激にも慣れていく必要があります。
初めは弱い刺激に対して何も感じることはないかもしれませんが、刺激に慣れてくると射精に至るまで症状が改善されることがあります。
すぐに効果が現れるわけではないため、改善までは根気が必要です。
自分自身と向き合い、強い精神力をもって改善に挑みましょう。

もし精神的な問題が遅漏の原因となっている場合は、ひとつひとつ原因と向き合っていく必要があります。
まずは原因を探るところから始めましょう。
パートナーとの関係が原因であれば、パートナーにも相談してふたりで解決していきましょう。
遅漏はとてもデリケートな問題なので、これまで誰にも相談できずにひとりで抱え込んでしまっているという方も少なくありません。
そこで勇気を出して誰かに相談することで、ひとりで抱え込んでいたストレスから解放されることもあります。
パートナーに直接相談することが難しければ、医師や親しい友人などでも構いません。
誰かに打ち明けることで気持ちが軽くなることがあるので、可能であれば誰かに相談できる環境をつくりましょう。

遅漏の治療方法とは?

遅漏を治療するためには、まずは遅漏となってしまった原因を探る必要があります。
間違った自慰行為が原因であれば、先ほどの対策で少しずつ改善が見込めるでしょう。
正しい自慰行為の方法で地道に刺激に慣れていくことのほかに、遅漏改善器具を用いた方法も効果的です。
遅漏改善器具とは、遅漏や膣内射精障害でお悩みの方のために開発された器具のことです。
今までの感覚に似た強めの刺激が来る器具から、徐々に弱い刺激を与える器具に変えていくことで改善に導きます。
最終的には弱い刺激でも、射精ができるようになることが望めます。
価格もお手頃なので、なかなか改善できない方は遅漏改善器具の使用もおすすめです。

精神的な問題が原因である場合は、その原因をひとつずつ解消していく必要があります。
自分と向き合う作業になるので過酷ですが、誰かの助けを借りながら少しずつ改善していきましょう。
また、原因が単純にひとつではなく、複数合わさってしまっている場合も考えられます。
時間がかかっても良いので、少しずつ原因を探っていきましょう。

ほかの治療方法としては、薬物療法が挙げられます。
薬物療法を希望する場合は、必ず信頼できる医療機関を受診するようにしましょう。
個人輸入などで薬を手に入れることは大変危険です。
必ず医師の問診・カウンセリングを受け、薬の処方を受けましょう。
薬は保険適用が難しい場合もありますので、受診前に確認が必要です。
保険適用ができる場合は、どの範囲まで適用ができるのかどうかも確認しておきましょう。
また、漢方薬を用いた治療も効果的です。
漢方薬は保険適用できる場合が多く、身体の機能を高める効果も期待できます。
遅漏に対して効果が期待できる漢方薬は複数あるので、医師に相談して処方を受けましょう。
漢方薬は自分の身体・症状に合ったものを選ぶことが大切です。
薬、もしくは漢方薬のどちらの場合でも、副作用に気をつけながら服用しましょう。

さまざまな方法を用いて、遅漏の改善へ!

遅漏は男性にとってはとても厄介な症状ですが、さまざまな対策や治療方法が存在しています。
自分ひとりでの改善が難しい場合は、お近くの医療機関を受診して医師に相談しましょう。
デリケートな問題で相談しづらいかもしれませんが、必ず力になってくれます。
また、誰かに悩みを打ち明ける、ストレスが少ない環境を自分でつくるといったことも大切です。
日々のストレスを減らして快適に過ごしながら、遅漏の症状も改善していきましょう。

-男性器の悩み

執筆者:

最新記事