公開日:2020/09/29
最終更新日:2020/10/09

亀頭増大術に関するQ&A

投稿日:2020年9月29日 更新日:

Q.ペニス増大・亀頭増大の治療期間はどのくらいかかるでしょうか。
A.カウンセリングや診察した状態に問題がなく、施術内容や料金などにご納得いただければ、来院当日の治療ができます。
カウンセリングにかける時間にもよりますが、通常、診察から治療完了まで1時間程しかかかりません。
ペニス増大術や亀頭増大術は基本的に日帰り手術となり、当日中に帰宅ができ、翌日から普通に生活していただけます。

Q.ペニス全体を増大したいのですが、亀頭増大と陰茎増大の治療を同時に受けることはできますか?
A.もちろん、可能です。
カウンセリングや診察を通じて、ペニスの状態とご希望をお伺いし、理想の状態になるために亀頭増大や陰茎増大、切らない長茎術など最適な方法を組み合わせたプランをご提案させていただきます。

Q.亀頭増大術の注射の跡が残ったり、腫れたりしませんか?
A.射の直後は針の跡がわずかに赤くなることがございます。
もっとも、2、3日程度で気にならなくなり、傷跡として残る心配はございません。
腫れる心配もほとんどありませんので、安心して治療に臨めます。

Q.入院したり、通院したりしなければなりませんか?
A.ペニス増大や亀頭増大術は20分〜30分ほどの日帰り治療となり、入院の必要はありません。
術後に落ち着けば、すぐにご帰宅いただけます。
また、特に気になることがなければ、事前の通院も、施術後の通院も必要ありません。
初めてご来院いただく日のみでの完結が可能です。

Q.亀頭増大の手術の治療後に副作用が起こることや後遺症が残ることはありませんか?
A.注入剤にはいくつか種類がございますが、いずれも安全性や有効性が確認されたものであり、通常は副作用や後遺症、アレルギー症状などが発生するおそれはありません。
施術前に専門医が丁寧な診察を行ったうえで、状態に合わせた施術を行いますのでご安心ください。

Q.先細りを改善する方法はありませんか?
A.フィラー剤と呼ばれるヒアルロン酸などの成分を注入して、亀頭を大きくする亀頭増大術がおすすめです。
見た目が大きくなるだけでなく、亀頭のハリを良くする効果やより硬くする効果があります。

Q.ペニス増大や亀頭増大術を受けるのに痛みはありませんか?
A.局所麻酔をしたうえで施術を行いますので、施術中に痛みを感じることはありません。

Q.亀頭増大術をすると、ペニスの感覚が弱まることや性感帯が損なわれることはありませんか?
A.亀頭増大術で感覚が弱まることや性感帯が損なわれることはございませんので、ご安心ください。

Q.亀頭増大術の薬剤はどれくらいの量を注入するのでしょうか?安全かどうか不安です。
A.亀頭増大術で使用する薬剤は、安全性と治療への有効性が確認された医療用のものですので、ご安心ください。
専門医が亀頭の状態を確認したうえでご希望のサイズなどを踏まえ、安全な量を注入させていただきます。
個人差はありますが、通常、1ccから5ccが目安となります。

Q.ペニスを増大する方法は手術しかありませんか?
A.ペニスを増大するだけならメスを使った手術は必要ありません。
ペニスを増大させる成分を含む薬剤を注射器で注入するだけで済みますので、施術時間も短く、リラックスして受けることができます。

Q.予算に応じて注入量を変えていただくことはできますか?
A.目指したいサイズの量を注入するには予算が足りない場合には、かけられる範囲の費用に見合う量だけを注入することが可能です。
少しサイズがアップするだけでも、気分的に楽になり、気持ちが前向きに変わっていくはずです。
資金的な余裕ができれば、その後も段階式に追加注入することもでき、様子を見ながら少しずつサイズアップすることもできます。

Q.亀頭増大術を行うことで、亀頭の性感が弱くなることはありませんか?
A.注入するのはサイズを大きくするための薬剤であり、性感帯に影響を与える成分は含まれていませんので、ご安心ください。

Q.亀頭増大術と包茎手術を同時に実施できますか?
A.同時に治療ができます。
同時に施術を受ける患者様は多いです。

Q.亀頭増大術と長茎術を同時に行えますか?
A.同時に行うことができます。
全体的にサイズアップができ、同時にパワーアップも図れるため、同時に希望される方が多いです。

Q.ペニス増大手術を受けるにあたり、クリニックや医師による差は出ますか?
A.ペニス増大手術は担当する医師の専門性や経験、技術によって大きな差が出るので注意しなくてはなりません。
症例の少ないクリニックや経験の浅い医師による治療を受けた場合、亀頭が凸凹になる場合やいびつな形になるケースも少なくありません。
男性治療を専門的に行う実績豊富なクリニックを選ぶこと、経験豊富で患者様に寄り添うカウンセリングのもと、単なるサイズアップではなく、デザイン性を考慮した理想の形に導いてくれる医師と出会うことが大切です。

Q.未成年者でも亀頭増大術を受けられますか?
A.保護者様のご承諾が必要です。
保護者様と一緒にご来院して承諾をしていただくか、保護者様にご記入いただいた承諾書のご持参が必要となります。

Q.ペニス増大や亀頭増大術に年齢制限はありますか?
A.年齢に制限はございません。
いくつになってもコンプレックスを解消したい希望は叶えられますし、実際に20代から80代まで幅広い年齢の方が施術を受け、ご満足いただいております。

Q.62歳で亀頭増大術を受けることは可能ですか?
A.年齢的な制限はございませんので、ご希望に応じたサイズアップが目指せます。

Q.包茎が気になっていますが、亀頭増大術を行うと包茎も治るでしょうか?
A.軽度な包茎であれば、亀頭増大術を行うことで、亀頭部に皮が被りにくい状態が形成できるため、見た目が改善されることもございます。
もっとも、余った皮はそのまま残っておりますので、再び被ってしまう場合や思ったような改善につながらないケースも少なくありません。
包茎の状態を確認させていただき、最適な方法をご提案させていただきます。

Q.セックスやマスターベーションはいつから可能ですか?
A.治療した部分はデリケートになっておりますので、感染予防のために治療後1週間程度は性行為やマスターベーションは控えてください。

Q.アルバイト医師や専門外の医師が手術を行う心配はありませんか?
A.当院は経験豊富な専門医のみが対応いたしますので、アルバイト医師や専門外の医師が施術を担当することはございません。

Q.手術後、帰宅してからが不安です。
A.24時間体制の電話サポート窓口がございますので、帰宅後に不安なことや困ったこと、気になる点がございましたら、いつでもお電話ください。

-男性器の悩み
-,

執筆者:

最新記事