公開日:2020/10/26
最終更新日:2020/10/26

包茎は何歳までに治療するべき?必ず治療する必要がある?

投稿日:

包茎は、何歳までに治療するべきなのでしょうか。そもそも、治療は必要なのでしょうか。大人になっても、包茎のことで悩みを抱えている男性は大勢いらっしゃいます。今回は、何歳まで包茎でも大丈夫なのか、包茎は必ず治療を受けるべきなのかということについて、ご紹介します。

包茎とは?

包茎とは、亀頭が包皮に覆われ、露出しない状態のことです。3つの種類があるといわれています。
包茎自体は病気ではありませんが、そのまま放置しても特にメリットはありません。

仮性包茎

仮性包茎は、日本人男性に一番多いタイプです。普段は剥けていなくても自分の手で包皮を剥くことができたり、勃起することで剥ける状態のことです。
仮性包茎は自分で剥くことができるのなら、治療はしなくても特に問題はありません。ただ、恥垢がたまりやすい状態なので、きちんとしたセルフケアが必要です。

真性包茎

通常時と勃起時に、包皮がまったく剥けない状態のことです。無理に包皮を剥こうとすると、痛みをともなうことがあります。
恥垢が非常にたまりやすいので、不衛生な状態になりがちです。ですが、自分で剥いて洗うことができるのであれば、問題はありません。しかし、真性包茎は自分では剥くことができない場合がほとんどなので、綺麗に洗えなければすぐに治療を受けることをおすすめします。
また、その状態のままでは正常な性行為は行うことは難しいので、注意が必要です。

カントン包茎

カントン包茎は、無理に包皮を剥くと、亀頭の根元を締め付けてうっ血する可能性があるので気をつけなければいけません。
カントン包茎は、放っておくと重大な問題に発展する恐れがあるため、早急な治療が必要となります。

何歳まで包茎のままでも大丈夫?

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほぼ全員が真性包茎です。これは、亀頭は傷つきやすくデリケートなので、包皮によって守っているからです。
こうしたことから、第二次性徴期を迎えるまではほとんどの人が包茎のままでしょう。このままでも特に問題はありませんが、子どものうちは入浴時に包皮を剥いて、丁寧に洗う必要があります。

亀頭や包皮の衛生状態は、子どもの頃から綺麗に保つように心がけましょう。第二次性徴期を迎えると亀頭は大きく成長し、だんだんと露出していきます。この時点で、通常時でも亀頭が露出する人もいるでしょう。
ただ、日本人の成人男性は6〜7割ほどが、普段は亀頭が露出しておらず、包皮がかぶっているという調査結果もあります。このことから、普段は剥けていない状態の人がほとんどであるといえます。これはとてもデリケートな問題なので、周りに相談できず悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

しかし、きちんと自分の手で剥くことができ、綺麗にセルフケアできる状態なのであれば、必要以上に気にしなくても良いでしょう。何歳までに剥けなければ治療をすべきということも、特に気にする必要はありません。

包茎の治療は必要?

基本的に、自分で亀頭の衛生状態を保つことができるのであれば、無理な治療は必要ではありません。ただし、包皮を剥くことに問題が生じている場合には、クリニックや医療機関での治療が必要です。

包皮を剥いて洗えない状態が続くと、包皮の内側に皮脂や恥垢がたまりやすい状態になります。この状態が続くと非常に不衛生で、亀頭の炎症や性感染症を引き起こしてしまうことがあるので気をつけておきましょう。

自分のパートナーにも悪影響を及ぼすことがあるので、注意が必要です。少しでも違和感があれば、すぐにクリニックか医療機関で治療を受けるようにしましょう。

成人男性の包茎治療はどのようなことを行う?

包茎は、専門の手術を受けることで治療を行います。亀頭が露出する部分まで包皮をカットして、そのままの状態がキープできるように手術を行います。

この包茎の治療は、一定の条件を満たしていれば保険適用で治療を受けることが可能です。自費治療となる包茎手術は高額になる場合が多いので、金銭的に不安な方は保険適用の手術をおすすめします。真性包茎で亀頭がまったく露出できない場合であれば、保険適用で治療を受けられる可能性が高いです。治療前のカウンセリング時に、医師に詳しく相談しましょう。

手術跡や傷跡が目立たない手術方法も確立されています。ただ、この方法では保険適用はできません。
クリニックや医療機関によっては、軽度の仮性包茎であれば包皮をカットしない手術を行っているところもあります。美容外科用の細い糸で包皮を数ヶ所縫い付け、剥けた状態をキープするという手術です。医師とよく相談し、自分の希望に合う治療法を選ぶようにしましょう。

子どもでもしっかりとしたケアが必要です

包皮は第二次性徴期を迎えるまではかぶったままの状態がほとんどですが、衛生状態を保つために子どもの頃から剥けるようにしておきましょう。子ども自身が自分で綺麗にすることが難しい場合は、親御さんのお手伝いが必要です。入浴時に、一緒に洗ってあげましょう。

幼児期でも包皮の癒着が強い場合や、剥けないことで亀頭の炎症を起こしてしまう場合は、早急な治療が必要です。この場合は、泌尿器科や小児科で治療を受けることができます。
ステロイド軟膏を塗って包皮を剥けやすくする痛くない治療を受けることもできるので、異常があれば早めに治療を受けるようにしましょう。とても簡単な治療内容なので、子どもの負担も少なくすぐに改善することができます。小さい頃から包皮を剥くことに慣れさせることで、大人になってからも抵抗なく包皮を剥けるようになるでしょう。

-男性器の悩み
-, , ,

執筆者:

最新記事