公開日:2020/10/26
最終更新日:2020/12/01

真性包茎の手術はいくらかかる?費用相場と手術方法についてご紹介します

投稿日:2020年10月26日 更新日:

「真性包茎の手術にかかる費用はいくらなのか?」
「どのような手術があるのか?」
包茎手術を考えている場合、このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

包茎とは、男性にとってとてもデリケートな悩みです。クリニックや医療機関で相談できるといっても、なかなか一歩踏み出せない方もいらっしゃいます。

今回は、真性包茎の手術には費用がいくらかかるのか、その手術内容や方法についてご紹介します。

真性包茎とは

通常時と勃起時ともに、包皮がまったく剥けない状態が真性包茎と呼ばれています。包皮口が狭いことが原因で、亀頭が全く露出できません。無理に包皮を剥こうとすると、痛みを伴ってしまう場合があります。

真性包茎は包皮を剥くことが困難であるため、包皮の内側に恥垢が溜まって不衛生な状態になりがちです。陰茎に恥垢が溜まると、さまざまな病気や臭いの原因となってしまいます。ひどい場合には、皮膚の脂や恥垢によって包皮と亀頭が癒着を起こす可能性もあり、注意が必要です。また、真性包茎の状態では、正常な性行為を行うことは難しいでしょう。自分で包皮を剥いて洗うことが困難な場合は、早急な病院での治療がすすめられます。

包茎には、さまざまな種類があることをご存知でしょうか。基本的に、仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の3種類であるとされています。
男性は、生まれたばかりの時は全員が包茎ですが、成長に伴って自然と包皮が剥けていきます。しかし成長は人それぞれなので、包茎のまま成長が止まってしまう方もいます。こういった場合に、治療を希望される方が多い傾向です。

一般的に、日本人男性は仮性包茎が多いとされていますが、真性包茎の方も一定数いらっしゃいます。真性包茎によってトラブルが生じている場合、早急な治療が必要です。

真性包茎の治療や手術にはいくらかかる?

真性包茎の治療は、基本的に手術で行います。
手術内容は個人の症状によって異なりますが、カウンセリングで悩みや要望をヒアリングしてもらうい、手術内容を決定していきます。予算や希望の治療方法などは、このカウンセリングで相談するようにしましょう。

なお治療の費用は、手術費用のほかに、カウンセリングをはじめ手術に付随するすべての診療で費用が発生します。
主に、以下のような費用の支払いが必要です。

・手術代
・手術のオプションを選択した場合の料金
・カウンセリング代
・麻酔代
・薬代

真性包茎の手術では、これらの費用がかかります。
これだけ費用負担が多いと、多額のお金を支払わないといけないのではと心配になりますよね。ですが、真性包茎は保険適用で手術を受けることができます。詳しくは以下にて後述いたします。

保険適用で手術を受けることができる!

真性包茎でお悩みの方は、基本的に保険適用で治療や手術を受けることが可能です。保険適用で費用負担が大幅に減ると、治療へ臨むハードルが大きく下がりますね。

しかし、保険適用での治療や手術には、メリットだけではなくデメリットもあることを確認しておかなければいけません。
デメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

・保険適用で受けられる手術はごく一部に限られる
・手術後の見た目の保証がない

保険適用の手術の場合、一番の目的は「男性器本体の機能を取り戻す」ことになるため、基本的に最低限の治療しか行うことができません。例えば、排尿や性行為がままならない場合の真性包茎が対象となります。そのため、手術後の陰茎の見た目を整える目的の手術では、保険が適用されることがありません。

また手術方法は「環状切開法」という方法に限られてしまいます。詳しくは後述しますが、手術で男性器の機能改善だけではなく見た目も重視したいという方は、保険適用の手術はあまりおすすめできません。

しかしデメリットだけではなく、費用が安く抑えられるというメリットもあります。保険を適用する場合は、合計で2万円〜3万円ほどで収まることが多い傾向。このように、真性包茎は格安でを治療することが可能なのです。見た目を気にしない方であれば、保険適用での手術がおすすめです。

早急に治療を受ける必要があるという方にも、保険適用での手術は有効だといえます。その一方で、見た目を重視される方は保険適用外の手術を受ける必要があるでしょう。包茎手術専門のクリニックなどでは、保険適用外で美容外科的技術を用いた手術を受けることができます。担当医師としっかり話し合い、予算のことも考慮しながら、自分に最適な手術方法を選択するようにしましょう。

真性包茎の手術方法と費用相場は?

では、真性包茎の手術にはどのような方法があるのでしょうか。現在、手術にあたって以下の方法が行われています。手術方法のとともに、費用相場についてもご紹介します。

環状切開法

まずひとつは環状切開法と呼ばれる手術方法です。
余っている不必要な包皮を、リング状に切除することで真性包茎を改善することを目的とする手術法です。亀頭周辺の皮膚を切除することはないので、性感帯が失われにくいというメリットがあります。保険適用で手術を受ける場合は、基本的にはこの手術を受けることになるでしょう。

しかしこの手術では、手術後は見た目があまり良くないというデメリットがあります。
環状切開法では手術後の傷跡が目立ちやすいため、手術を行わない元々の皮膚の部分と、手術後の露出した皮膚の色が異なり、ツートンカラーのように目立ってしまうことがあります。ただ、手術後に露出した皮膚の色は時間経過とともに色が馴染んでくるので、しばらくすると目立たなくなる場合がほとんどです。

この手術は、保険適用ではなくとも比較的安価に受けることができます。費用相場は3万円〜10万円程度。このように真性包茎の保険適用で手術を受ける場合、お得な料金で治療できるのです。

亀頭直下埋没法

もうひとつの手術方法は、亀頭直下埋没法と呼ばれる方法です。この手術は、現在の包茎手術の主流となっています。
亀頭のすぐ下の皮膚を切除する手術法です。切除した皮膚と縫合した皮膚が亀頭の下の環状溝と呼ばれる部分に収まって隠れるため、手術後の傷跡がまったく目立たなくなるという特徴があります。こちらの手術でも性感帯は失われにくいでしょう。

手術後の傷跡がまったく目立たず、綺麗に仕上げることができるという点が、亀頭直下埋没法の最大のメリット。ただ、これには環状切開法に比べて高度な技術が必要です。そのためこの手術の出来栄えは、手術を行う執刀医の技術力に大きく左右されるといえます。

また高度な技術力が必要となるので、手術費用も大幅に上がります。現在の手術費用の相場は、一般的に7万円〜40万円程度。さらに、保険を適用して治療を受けることができません。施術を希望する場合は、高額な手術代金を自費で支払う必要があります。ただ、手術後の美しい仕上がりを希望する場合はこの手術がおすすめです。

執刀医の高度な技術力が必要となるため、多少費用は高額になっても、信頼できる医師のもとで治療を受けることをおすすめします。

コラーゲン注射のオプションは必要?

真性包茎の手術の費用相場は、上記でご紹介したとおりです。この中で自分が希望する手術を選ぶ必要がありますが、この手術のほかに、医師からオプションを提案されることがあります。

オプションとして提案されるもので多いのは、亀頭にコラーゲンを注入する「コラーゲン注射」と呼ばれる治療。コラーゲン注射は包茎の手術に必須な治療ではなく、亀頭が小さい場合に増大を目的として行われる治療です。

そもそもコラーゲンとは、美容整形でも頻繁に使用されており、シワ取り治療など若さを維持するための治療に使われている安全性が高い注射剤です。亀頭の増大効果のほかに、早漏の予防を目的として施術することもあります。包茎だけではなく、亀頭の大きさや早漏のことで悩んでいる場合は検討してみても良いオプションです。

しかし特にそれらのことで悩みがない場合は、不必要なオプションであるといえます。クリニックや医療機関によっては、カウンセリングの中でコラーゲン注射を強く推奨してくるところもありますが、ただ話に流されるのではなく、しっかりと自分にとって必要かどうかを考え、オプション内容を決めることが大切です。

コラーゲン注射は自費治療のため、費用がかなり高額になります。包茎手術の費用と変わらない費用がかかることがあるので、十分な検討が必要です。

手術内容はカウンセリングでしっかりと話し合いましょう

真性包茎の治療には、さまざまな方法があります。
保険適用の手術を受ける場合は、費用を抑えて治療をすることができるでしょう。適切な治療を受けるためには、手術前のカウンセリングで医師にしっかりと相談と希望を伝えることが大切です。
自分に合った治療を受けて、デリケートな悩みを解消していきましょう。

-男性器の悩み
-,

執筆者:

最新記事