公開日:2020/10/26
最終更新日:2020/10/26

カントン包茎は自力で治すことができるのか?

投稿日:

包皮を剥く際に痛みを感じたり、力が必要だったりとスムーズに剥けない場合にはカントン包茎である可能性が高いです。通常は通院などで治療することが必要とされるカントン包茎ですが、自力で治すことはできるのでしょうか?

この記事ではカントン包茎の原因や治療の必要性、さらには自力で治せることができるか、などについてご説明します。

カントン包茎とは?

カントン包茎とは包皮口が狭く、亀頭を露出させようとすると包皮が翻転(はんてん)したり、包皮輪(ほうひりん)という包皮の先端の出口にあるリング状の部分により亀頭が締め付けられ、痛みや締め付けを感じる状態の包茎です。

医学的には仮性包茎に分類されますが、状態としては真性包茎に近い状態といえます。症状としては包皮を剥く際に痛みを感じたり、力が必要だったりとスムーズに剥けない場合にはカントン包茎である可能性が高いです。

事象としては真性包茎もしくは仮性包茎の人が自慰行為の際や包茎を自力で治そうとして亀頭を露出させる際に強引に包皮を剥いてしまい、包皮が戻らずに亀頭を締め付ける状態で固定されてしまうケースが多いようです。

カントン包茎の種類

カントン包茎にはいくつかの種類があります。

①亀頭の途中までは包皮がスムーズに剥けるタイプ
②最初から包皮をスムーズに剥くのが困難なタイプ
③亀頭全てをスムーズに露出できるが長時間露出していると痛みや締め付けを感じるタイプ

状態は異なりますが、これらは全てカントン包茎に分類されます。
真性包茎のように全く剥けないということはないが、仮性包茎ほどはスムーズに剥けない、もしくは剥けるがその後痛みや締め付けを感じる、というのがひとつの判断基準ではないでしょうか。

カントン包茎は自力で治せる?

結論から延べますと、カントン包茎は早期の治療が不可欠な包茎です。

カントン包茎で感じる痛みや締め付けは「陰茎と包皮口の直径のギャップ」から起こります。包皮口の伸縮性がない場合、包皮口が亀頭を締め付けることで正常な血液循環が促されず、血行不良を引き起こします。
この状態を放置しているとうっ血が進み、亀頭の細胞が壊死してしまい男性機能を喪失してしまったりすることもあり、最悪の場合は陰茎を切り落とさなければならない状態になりかねません。

それ以外にもカントン包茎であることで、亀頭包皮炎や尿路感染症、性感染症といった病気や、発育不全、遅漏・不感症・EDといった性行為における悪影響、ひいては膣炎などのパートナーにおける婦人科疾患を引き起こす可能性も指摘されています。

そのような意味ではある種カントン包茎は真性包茎よりもリスクの高い包茎といえます。
くれぐれも病院などで早急な治療を行うようにしましょう。

カントン包茎の治療方法

冒頭で述べましたが、カントン包茎を自力で治すことは不可能です。カントンは漢字で「嵌頓」と書き、「脱出してもとに戻らなくなった状態」を意味します。仮に一時的に戻ったとしても再発する可能性が非常に高いです。

カントン包茎の治療には切除・縫合を伴う手術が必要です。
仮性包茎は余剰包皮の切除と縫合が主な施術内容になりますが、カントン包茎手術においては、包皮口が狭いことを踏まえ包皮輪といわれる包皮の先端の出口にあるリング状の部分を完全に除去する施術が必要となります。

この包皮輪を完全に除去しないと術後も勃起の際に締め付けや痛みを感じたり、陰茎に食い込むことで結果的に陰茎が細くなってしまうことがあります。とはいっても、手術自体は20分程度で終わる簡単なもので、抜糸の必要ない体内に吸収される縫合糸が使われるケースも多く、通院も必要ありません。

もちろん入院も必要ありませんが、術後の入浴や性行為・マスターベーション、飲酒、運動などの日常生活においては多少の制限がかかります。

まとめ

思っている以上にリスクが高い包茎であるカントン包茎。焦って自力で元に戻そうとする方も多いですが、それによって症状が悪化する場合も少なくないようです。
今現在お悩みの方はまずは落ち着いて、なるべく早く専門医やクリニックに相談してみてください。

また、真性包茎や仮性包茎の方はいつカントン包茎になってもおかしくない状態ともいえますので予防の意味で専門医やクリニックに相談されるのも良いでしょう。

あまり聞きなれない症状だから病院に行ってもびっくりされるんじゃないか?と思うかもしれませんが、それは大きな誤解です。カントン包茎は仮性包茎や真性包茎と比べると世間的にはあまり認知されていませんが、専門医・クリニックにおいてはとても扱うことの多い症状です。

24時間相談受付のクリニックや、電話・メールでの相談が可能なクリニックも多数存在しますので、時間があまりとれない方や「いきなり直接相談するのは恥ずかしい」といった方もご自身にあった方法でまずは問い合わせてみることをお勧めします。

あなたよりもずっと知見のある専門医やカウンセラーが専門家として、同性として、親身に相談にのってくれるはずです。

-男性器の悩み
-,

執筆者:

最新記事